最近の投稿
最近のコメント

    Archive for 8月, 2013

    俳優というのはデリヘル越谷

    グアヤノスは教育大臣で、のちに大統領の特別補佐官になった人物だった。その後、未遂に終わった大統領暗殺求人に加わり、逮捕されそうになるが、メンバーの中で、ただひとり、博士だけが逃亡に成功した。越谷であれ残りは全員、銃殺執行隊の手にかかった。グアヤノス博士は今もニューヨークのどこかに隠れ、コルテグアィ政府を倒す求人に加担しているという噂があった。私はベアトリスの目を見つめかえした。「お父上なら知っている。越谷 デリヘルが個人的に会ったことはないが、いい人だったと聞いている」「これでファースト・クラスに一戻りたくなったでしよ?」「どうして?」私は笑ってみせた。おすすめのデリヘル嬢は仕切りの向こうを見て、答えた。ーギッ「あのオールド・フォックスがいるから」「オールド・フォックス?」私は顔を上げて、新聞を読んでいるホョスを見た。「ホョスのことを言っているのかな?」「私たちはそう呼んでるわ。あの男は秘密警察のボスよ。きっと、あなたと私がこうして話してることも大統領に報告するでしょうね」「全然かまわないね。秘密警察なんて私には関係ないし、報告されたところで何の人気もない。越谷にしてもここできみといる方がずっといい」ベァトリスの目の色が故郷の鉱山に眠るエメラルドの原石のように、深い緑になった。「なぜ?」「きみが容姿同様に香りも美しいかどうかを確かめたかったからさ。たしかにどちらも美しいと納得したよ」クラッ空港は警官だらけだった。おそらく越谷で大統領自ら、私を出迎えに来ていたからだ。飛行機が着陸すると、スチュワーデスが私の席までやって来た。「セニョール・ゼノス、恐れ入りますがファースト・クラスの出口からタラップを降りていただけますか?」私はうなずき、ベアトリスを見た。