最近の投稿
最近のコメント

    Archive for 6月, 2014

    デリヘルサッカー選手西川口

    そして、物事がはっきり見えてくるのよ」「だが、麻薬だ。ウイスキーより体に悪い」「悪くも良くもないわ。全く別のものよ」大統領は椅子の方へ近寄り、おすすめのデリヘル嬢を見下ろした。「武器がどこから流入してるのか、ついに見つけ出したぞ」「どこから?」アンパロが興味なさそうに言った。「モンテ・カルロにいる、あの風俗街人だ」「でも、あれは共産圏で作られたものじゃなかったの?」「そうだ。いつか西川口ではあるがあの風俗街人は武器商人だ。つまり西川口 デリヘルな奴は、共産圏の武器を購入して船積みし、世界中に売りつけているんだ。西川口にしてもキューバやサントドミンゴで使われたのも同じ武器だった」「そう」「何とか、奴を封じ込めねばならん」「無駄じゃない?どうせ、ほかの誰かがまた同じことを始めるだけよ」第話ファッションと陰謀アンパロが相変わらず関心なさそうに言った。「そのときはそのときで、また対処するさ。今はまず、備えを間める時間を稼ぐんだ」「備え、ですって?」アンパロが初めて興味を示し、父に尋ねた。「何からの備えなの?破滅からの?」大統領は返事をしなかった。アンパロが静かに笑い始めた。「キューバとサントドミンゴ。バティスタとトルヒーョ、そして次は、有名なデリヘルの父の番ね。皆、ペニスと鉄砲と権力に夢中になっている男たちばかり。もう、そんな男の時代は終わってしまったのよ・有名なデリヘルの父には、まだわからないの?恐竜のように、絶滅する運命にあるってことを」アンパロはぐったりしてHをつむったが、またゆっくりと目を開いて言った。「どうして、有名なデリヘルの父たちはそんなに生き永らえようとするの?どうして、静かにそっと消え去ることができないの?」「しかし、私のあとを継ぐ奴らのことを考えてみろ」アンパロはそれに答えず、目をつむったままだった。「共産主義者どもだ。